入学者受入れ方針(アドミッションポリシー)

医学群

医学類

 

求める人材

自然科学, 語学等の十分な基礎学力と豊かな創造性, 探究心を有し, 高い倫理観, 協調性, コミュニケーション能力を持って, 生涯にわたり人類の健康と福祉に貢献する強い意志を持つ人材。

 

入学までに学んでほしいこと

自然科学, 外国語についての十分な知識と理解, さらに応用する能力が必要である。特に自然科学や医学に関する英文記事を理解し要約する能力や, グループの中で積極的に討論に参加したり, 意見をまとめる能力を備えていることが望ましい。

 

人材養成目的

高い問題解決能力と他者との協調性、外国語運用能力を基盤とした臨床能力、研究能力を備え、人類の健康・福祉の増進に生涯貢献する強い意志と豊かな人間性を有する臨床医、医学研究者、保健・医療・福祉行政者を育成する。全ての卒業生は将来、広く国際社会で活躍することが期待されている。

 

入学者選抜方針

個別学力検査等
前期日程
広い基礎学力に加えて, 数学, 理科, 英語の学力を評価するとともに, 医学を志向する動機, 修学の継続性, 適性, 感性, 社会的適応力など総合的な人間性について評価します。

推薦入試高等学校で学習する全教科がバランス良く優れている者の中から,医師となる資質が十分な人材を小論文,面接によって総合的に評価します。

研究型人材入試広い基礎学力に加えて、自ら発見した自然科学の課題に対し、自主的かつ継続的に取り組み、その結果、到達した高い成果を評価します。また、医学を志向する動機、修学の継続性、研究者としての適性・資質、社会的適応力等総合的な人間性についても評価します。

国際バカロレア特別入試 
並びに
海外教育プログラム
特別入試
広い基礎学力に加えて、数学、理科、英語の学力を評価するとともに、医学を志向する動機、修学の継続性、適性、社会的適応力など総合的な人間性について評価します。

編入学試験広い基礎学力に加えて、数学、理科、英語の学力を評価するとともに、医学を志向する動機、修学の継続性、適性、社会的適応力など総合的な人間性について評価します。

 


看護学類

 

求める人材

科学的な知識や語学力などの十分な基礎学力を有し, 看護学に関する深い興味と感心があり, 新しい保健医療福祉を支えるための看護技術を探求し開発できる能力と意欲を有する人材

 

入学までに学んでほしいこと

高校での学習内容を深めておくと共に, 特に生物学及び外国語については, 十分な知識を有し理解していることが望ましい。また, 優れた文章読解能力や文章表現力を有していることが望ましい

 

人材養成目的

広い教養と深い人間関係を基盤に, 人々のニーズに合った質の高い看護を提供し, 保健・医療・福祉チームの一員として協働できる優れた看護職を育成するとともに, 保健医療分野における行政官, 国際的な視野に立った看護職など広く社会に貢献する人材を養成することを目的とします。

 

入学者選抜方針

個別学力検査等
前期日程
国語, 理科, 英語の学力を中心に, 基礎学力を評価するとともに, 看護を志向する動機, 適性, 感性, 社会的適応力及び人間性等について総合的に判断します。

推薦入試看護に関連する分野において必要とされる明確な問題意識と優れた洞察力について評価します。また, クラブ活動, 地域活動, 社会活動等の実績について評価します。

国際バカロレア特別入試 看護に関連する分野において必要とされる明確な問題意識と優れた洞察力, 大学で看護学を修得するために必要な基礎知識並びに思考力や学力などを総合的に評価します。

私費外国人留学生入試海外生活の経験を活かし, 国際性と協調性を身に付け, グローバルな視点から保健医療福祉の分野を探求する意欲と能力をみます。

編入学試験医療人としてのさらなる飛躍を目指す動機に加えて, 大学で看護学を修得するために必要な基礎知識ならびに思考力や学力などを総合的に評価します。

私費外国人留学生入試
Japan-Expart(学士)
プログラム特別入試
日本のヘルスケアシステムやヘルスケア技術に興味を有し将来, ヘルスケアの学問的基盤に立った政策, 管理担当者および, ヘルスケア技術者や教育・研究従事者として活躍を希望する人材を求めています。

 

 


医療科学類

 

求める人材

医科学の分野に強い関心をいだき, 医科学分野の研究や医学・医療分野の検査技術において国際的に活躍する意欲を持つとともに, チーム医療での役割を理解し, 行動することができる柔軟性を持った人材を求めています。

 

入学までに学んでほしいこと

数学, 生物, 物理, 化学についての基礎的な知識と理解, 日本語の文章表現力, 英語の読み書き会話の能力を有し, 医学や医療に関して関心のある分野と将来に対する希望を明確にもつことが望ましい。

 

人材養成目的

医学・医療の様々な分野で活躍するために必要な医科学の基礎的な知識、技能を修得し、医療人としての使命感と責任感を身に付け、将来、医療の向上と発展に貢献する医科学領域の研究・教育を推進する人材及び診断や治療に必要な新たな技術の開発とその実践にかかわって高度専門医療を担う人材を養成します。

 

入学者選抜方針

個別学力検査等
前期日程
広い基礎学力と数学,理科,英語の学力さらに医療を志す動機,適性,感性,社会的適応力などを総合的に評価します。
推薦入試医療人を志向する強い動機と適性,人を愛する感性,社会貢献への熱意に加えて,医科学を学ぶために必要な基礎学力を総合的に評価します。

国際バカロレア特別入試 医療や医科学を志向する動機と適性、人を愛する感性、社会貢献への熱意に加えて、医科学を学ぶために必要な基礎学力を総合的に評価します。

私費外国人留学生入試医療に対する高い関心、そして入学後に日本人とともに医療科学を学ぶのに必要な基礎学力と協調性を総合的に評価します。

編入学試験医療人としての更なる飛躍を目指す動機に加えて、大学で基礎あるいは臨床医学を修得するに足る基礎知識ならびに思考力や学力などを総合的に評価します。

私費外国人留学生
特別コース入試 
(編入学)
  1. 求める人材:
    医療を取り巻く状況は急速に変化するなかで、感染症や生活習慣病等に係る国際的な諸問題に対して学問的な関心を示し、多様な観点から事象を分析できる応用力を備えた人材を求めています。

  2. 入学者選抜方針:
    高い英語力・専門分野の知識を習得するための基礎学力とともに、医療科学分野の諸問題に会する独自の視点と分析力を、提出書類及び個別面接により総合的に評価します。