入学者受入れ方針(アドミッションポリシー)

情報学群

情報科学類

 

求める人材

情報科学や情報技術への好奇心と探求心を持ち, 習得した知識を創造的に活用・発展させて情報化社会の中核を担う意欲のある人材。

 

入学までに学んでほしいこと

情報科学や情報技術についての基本的な理解力を身につけていることが望ましい。数学的な知識も備えていることが望ましい。

 

人材養成目的

現代社会の原動力である情報を生成・伝達・変換・活用するための工学的な技術やその原理となる数理や自然科学を理解し、それを実社会における様々な問題に適用して解決できる実践力を備え、グローバルな視点に立って、情報技術の発展を主体的に担うことが出来る人材を養成します。

 

入学者選抜方針

個別学力検査等
前期日程
情報科学や情報技術を学ぶために必要な数学,理科,外国語の学習内容に対する理解度を総合的に評価します。

個別学力検査等
後期日程
総合的な基礎学力に加え,情報科学や情報技術への関心や学習意欲,学習に必要な論理的思考能力や応用力を評価します。

推薦入試高等学校における学習状況と課外活動への取組みとともに,情報科学や情報技術への関心,新しい技術を創造する意欲,自己表現能力,論理的に思考しその結果を的確に説明するコミュニケーション能力等を総合的に評価します。

AC入試情報科学や情報技術、または関連する分野に強い関心を持ち、自ら研究課題と明確な目標を設定して問題の分析や解決を創造的に図る意欲と能力を有し、その過程と結果を論理的に説明することのできる人材を選抜します。

国際科学オリンピック 
特別入試
日本情報オリンピック本選でAランクとなった者、または情報処理推進機構が主催する未踏IT人材発掘・育成事業に採択されたテーマのクリエータを対象として、明確な目標を持って学ぶ意欲や計画的に学ぶ能力を評価します。

国際バカロレア特別入試 情報科学や情報技術への関心、新しい技術を創造する意欲、論理的思考能力、語学力を含めたコミュニケーション能力等を総合的に評価します。

私費外国人留学生入試情報科学や情報技術に対する高い関心、そして入学後に情報科学や情報技術を学ぶのに必要な基礎学力、協調性等を総合的に評価します。

*編入学試験情報科学や情報技術を学ぶために必要な数学、情報基礎、物理学の学力、専門的知識を学ぶために必要な大学2年次修了程度の英語(TOEFL/TOEIC)の学力を総合的に評価します。

*情報メディア創成学類との併願が可能です。

 

 


情報メディア創成学類

 

求める人材

理数系の素養と文化や芸術に対する豊かな感性を兼ね備え, ネットワーク情報社会における各種の技術や学問分野に対する強い興味と学習意欲を持ち, 創造的に社会貢献することを目指す人材。

 

入学までに学んでほしいこと

在学中に学んだ科目, 特に数学や英語についてはよく復習して内容を身につけておく。ネットワークを含めて広く社会に対して関心を持ち, 意欲的に知識や見識を広げていくことに心がける。

 

人材養成目的

これからのネットワーク情報社会を発展させるために不可欠な基盤的技術分野や、Web・映像・音楽などの多種多様な情報をコンテンツとして扱い流通させる分野などにおいて、革新的技術や科学的理論を創造的に生み出すことが出来る技術者、研究者を養成します。

 

入学者選抜方針

個別学力検査等
前期日程
幅広い基礎学力に加えて,数学並びに外国語の学力を総合的に評価します。

個別学力検査等
後期日程
幅広い基礎学力に加えて,情報メディアの科学と技術を理解するために必要な数学並びに英語の学力,論理的な思考能力,分析力,論述能力を総合的に評価します。

推薦入試高等学校在学中の学習状況や基礎学力,課外活動への取組みとともに,情報メディアの科学と技術に対する学習意欲や目的意識,自己表現能力,自己分析能力,コミュニケーション能力を総合的に評価します。

AC入試コンテンツやネットワークメディアを支える情報メディアの科学と技術において、研究課題を水から設定する創造性と意欲、課題を緻密に分析し創造的に解決する問題解決能力、その過程および結論を論理的に説明できる能力を総合的に評価します。

国際オリンピック 
特別入試
日本情報オリンピック本選でAランクとなった者、又は情報処理推進機構が主催する未踏IT人材発掘・育成事業に採択されたテーマのクリエータを対象として、明確な目標を持って学ぶ意欲や計画的に学ぶ能力を評価します。

国際バカロレア特別入試 情報メディアの科学と技術に対する学習意欲や論理的思考能力、理解力、及び本学類での学習に必要な数学などの基礎学力や日本語でのコミュニケーション能力を総合的に評価します。

私費外国人留学生入試 情報メディアの科学と技術に対する学習意欲や論理的思考能力、理解力、及び本学類での学修に必要な数学などの基礎学力や日本語でのコミュニケーション能力を総合的に評価します。

*編入学試験情報メディアの科学と技術に対する高い学習意欲と、専門科目に関する知識を学ぶのに必要な大学2年次修了程度の英語(TOEFL/TOEICスコアによる)、数学及び情報基礎の学力を有する人材を選抜します。

*情報科学類との併願が可能です。

 

 


知識情報・図書館学類

 

求める人材

文理融合型カリキュラムの下で, 知識・情報の蓄積・流通にかかわる社会や文化, 人間の行動, 情報技術を幅広く学ぶ意欲を持つ者。特に, 問題を主体的に見いだし, 率先して解決に取り組む自律的な姿勢を持つ者。

 

入学までに学んでほしいこと

高等学校までの学習内容に広く関心を持ち, 特に英語,国語,数学(数Ⅱ・数Bまで)の基礎学力を身につけていること。

 

人材養成目的

知識や情報を活用する能力を育み、関連する社会制度と技術の専門教育を行います。これらの教育を通じて、知識資源の形成、加工、流通、利用の発展に寄与する専門家と人間、社会、技術にわたる総合的視野や問題解決能力を持った職業人を育成します。

 

入学者選抜方針

個別学力検査等
前期日程
外国語,数学に加えて文科系科目または理科系科目のいずれかの深い理解と,知識に基づいた論理的思考力,応用力を評価します。

個別学力検査等
後期日程
総合的な基礎学力に加えて,論理的思考力,表現力,広い視点からの発想を評価します。

推薦入試高等学校で学習する全教科がバランス良く優れていることに加え,論理的思考力,コミュニケーション能力,説得力,豊かな発想を評価します。

AC入試社会における情報の伝達や知識の創造に関して幅広く興味を持ち、関連した課題を水から発見し、分析・解決していく能力を評価します。課題の分析結果を論理的に説明することや、説得力のある提案ができることも評価します。

国際バカロレア特別入試 主体的に学ぶ意欲のある者を対象として、語学力を含む基礎学力や論理的思考力、コミュニケーション能力、説得力を評価します。

私費外国人留学生入試知識と情報に関連した内容に深い関心と問題意識をもち、理解力、思考力、表現力や日本語能力に加えて、大学での学修に必要な基礎学力を有する人材を選抜します。

編入学試験知識と情報に関する町域で学んだ知識・技術を深めたり、異なる領域で学んだ知識・技術を基に新しい領域に挑戦したりする意欲と学力を有する人材を選抜します。