サンプル画像
総合学域群
総合学域群は、令和3年4月から学生を受け入れる筑波大学で最も新しい学群です。ここに籍を置く学生は総合選抜入試で入学した1年次生だけです。2年次になると自分の希望する学類・専門学群に進級して、所属も総合学域群からそれぞれの教育組織へと移ります。
つまり、本学域群は、総合選抜で入学した1年次生のためだけに用意された特別な「学びの場」ということになります。
人文・文化学群
基礎的な分野の教育を担う人文学類,学際的視点を重視した教育を行う比較文化学類,国際社会の中で 日本語及び日本文化の発信を目指す日本語・日本文化学類という,各々独自の特色を持つ3つの学類から構成されます。
社会・国際学群
社会科学の基礎的, 普遍的な考え方や分析手法を身に付ける一方,新しい学問の展開に対応した発展的,応用的な分野を より深く学び,専門性の追究能力とともに柔軟で自律的な思考力を養います。
人間学群
教育学類, 心理学類,障害科学類の豊かなカリキュラムのもと,現代社会が求めている人間につ いての深い理解と発達支援を行うことのできる人材を養成していきます。
生命環境学群
科学的にも社会的にも著しい進展を見せつつある「生命と環境」 を共通キーワードにする3つの学類,すなわち「生物学類」「生物資源学類」「地球学類」から構成されています。
理工学群
理学と工学の主幹となる学問分野とともに学際的な分野も取り入れ,数学類,物理学類,化学類,応用理工学類,工学システム学類,社会工学類の6学類及び総合理工学位プログラムを置いています。
情報学群
情報科学類,情報メディア創成学類,知識情報・図書館学類の3学類を置き,21世紀の情報社会の創造を担う人材を育成します。
医学群
医学に関係する学問分野の教育を担当する,医学類,看護学類,医療科学類の三つの学類で構成されます。いずれも病者の治療,看護,疾病の予防,研究を目指す医療者と医学研究者の育成を目的としています。
体育専門学群
「学校教育」,「公共スポーツ」,「ス ポーツ関係産業」そして「競技スポーツ」の最先端分野で活躍する有能な専門家の養成を目的としています。
芸術専門学群
造形に関する理論と演習・実習を通して,幅広い造形の領域につい ての専門教育を行い,視野の広い活力ある芸術理論家,造形作家,デザイナー等 の育成を教育目標としています。